季節の変わり目は要注意!!「ギックリ腰」

とうとう9月に入りました。
日によって暑かったり肌寒かったり、日中と朝・夜の温度差も激しいとき…
そんな「季節の変わり目」は特に体調を崩しやすくなる季節ということ知ってましたか?

季節の変わり目は、慢性の腰痛が悪化したりギックリ腰になる可能性が格段にあがります。
なんでこの時期に増えるのか???
というわけで今回は季節の変わり目に起こる腰痛やギックリ腰についてお話していきます。

最近、夏場はどこもかしこも「さ、寒い…」と感じるほどクーラーがガンガンにかかっている場所も多いですよね。本来ならば暑い夏になると私たちの身体は、血管を拡張させて汗をかくことで体の熱を外に出そうとしますが、毎日クーラーがきいた場所で寒い状態が続くと、血管を収縮させて体温を逃がさないようにするので血流が悪くなるわ、筋肉も縮こまって硬くなるわで、夏だというのに身体が冷えきってしまいます。

その夏場にたまりにたまったツケに加えて、秋口には季節の変化の寒暖差から自律神経のバランスが不安定になるため、季節の変わり目である9月・10月に一気にドカ~ンっと腰痛の悪化やギックリ腰となってやってくるというわけです。

女性にとって冷えは大敵。
まだギックリ腰にはなってないけど、
腰からなんだかイヤ~な感じが漂ってるかたは、
「睡眠時間をしっかりとって、規則正しい生活を心がける」
「寒くなったときにいつでも対応できるように1枚羽織るものを用意しておく」
「シャワーで済ませないで、しっかりと湯船につかってリラックスする」
「散歩をしたり、適度な運動を心がける」
など生活習慣を見直してみてはいかがですか?
それだけでもいい変化がみられるかもしれないのでぜひ試してみてください。

何度もギックリ腰を繰り返してる方っ!!
もしかしていつも同じ時期になってませんか?
ギックリ腰が癖になってしまっているというかたには早めのご来院をおすすめします。

SNSでもご購読できます。